関計株式会社 KANKEI AIR FILTER 空調用エアフィルター・クリーンルーム用機器の製造メーカー・設備工事設計施工
   

エアコンのオーバーホール

◇ エアコンにはカビや細菌の発生源となる可能性があります。

エアコンは周りの使用雰囲気によってエアコン内部にカビやほこりなどが発生します。右記のように汚れが完全に溜まってしまったエアコンを使い続けますと、エアコンからの吹き出しエアーからその対象の部屋の中全てに対して細菌をまき散らすこと事になります。衛生管理の厳しい製造工場などでは製品影響の観点からはもちろん人体影響の観点からしてみても定期的なオーバーホールが必要となります。
◇ ファンコイルの汚れ・フィルターの詰まりにより電気代が上がります。

エアコン内部のファンコイル(熱交換用アルミのフィン)に汚れが溜まり、またエアコンの室内機側についているサランネットなどに塵埃がたまると圧力損失が生まれ風量がダウンします。すると室内側に温調を取った空気が出て行かなくなり同じ温度設定をしていても室外機側のコンプレッサーが多く働いてしまうため消費電力が上がってしまうといったケースが起こりやすくなります。



オーバーホールの作業内容

◇ 天井カセット型エアコンなどは化粧板・ファン部・ドレンパンなどを分解します。
◇ 養生作業(天井カセット型)
◇ 洗浄作業

エアコンに養生を行いファンコイル部に対して高圧洗浄機を利用して洗浄します。


洗浄後・効果
◇ ファンコイル部・ドレンパン部・ドレントラップ部・ファンなどを洗浄作業することで、汚れが原因となる故障を回避することができます。
また目詰まりなどが解消され風量が回復することでコンプレッサーへの負担が少なくなり消費電力が下がります。 お問い合わせはこちらまで。


 

★KANKEI.CO.,LTD